徳乃蔵 TOP ご利用について お問い合わせ 採用情報
徳乃蔵
徳乃蔵 徳乃蔵とは イベント スペース・ギャラリー 併設カフェ アクセス
徳乃蔵イメージ スペーサー


    加寿施 京子 『エネルギーアート』展 2019

   ~喜び・希望・赦しを描く油絵 エネルギーアートの世界




 

「宇宙の生命喜びまくひと」F10号 「喜びまくひと 雲」P12号
   


 8月1日 -10月24日 

 営業時間  10:00- 18:00

 リーディングアドバイザー。
 オイルぺインター。
 スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤの世界的鑑定プロジェクトの主軸として活動。


 [開催期間中の休館日]

 ・月曜日(月曜が祝祭日の場合は翌火曜日)
 ・8月は、13日~19日まで
 ・9月と10月は、25日~月末まで

 入場料: ギャラリー+フリードリンク  1,500 円~ (中学生以下無料)
 
 会場:スペース&ギャラリー徳乃蔵   山梨県北杜市小淵沢町2023
 TEL: 0551-36-5080     info@koa-tokunokura.com


<加寿施 京子 プロフィール>

東京都世田谷区に生まれ

愛が全宇宙を動かす核であり、そのエネルギーを受けて生きている人間の愛は、総ての エネルギー誕生 
の源である。
それゆえ、『愛は言葉ではなく愛する行動』(加寿施 京子著「癒しのパイロット」より)信念に企業
・起業・仕事・人間関係・健康等、あらゆるジャンルの相談、鑑定に応じているリーディングアドバイザー。
また、青少年育成プロジェクトとして、あらゆる「いじめ」撲滅を目標に 支援活動、講演活動も行っている。
この場に確かに存在するのに、目には見えないエネルギーを人が感じられるように絵を 描き始めたのは、 
長男をいじめが元で植物状態の 22 年間に及ぶ介護の末、見送る直後から だった。
(2005 年末)

水彩画、パステル画を経て、2006 年スペインの画家-フランシスコ・デ・ゴヤの肉筆油彩 画を観た直後より
インスピレーションを得、油絵を描き始める。
ゴヤは人間の内にある醜さ、残酷さを暴き出すような暗黒視的表現で描くが、加寿施 京 子はゴヤの表現に相対する人類の叡智の核を成す愛から発する希望・喜び・赦しをテーマ に内なる神的世界を描き出す。
すべてインスピレーションを基約にするため、下絵を描かない手法でエネルギーの命ずる ままに自由に絵筆
を使い制作している。

東京都武蔵野市吉祥寺に株式会社 意学環境研究所を主宰。
精神科医、産業医である二人の子息・子女主催の『ドクターメンタルヘルス・ラボ』と 連携、活動中。

2012 年より東京都武蔵野市吉祥寺美術館にて個展を開催。(毎年)
2015 年 8 月、東京日本橋三越本店美術サロンにて個展を開催。
全国よりファンが来場し、三越本店美術サロンの来場者数の新記録を達成する。

2016年8月より、山梨県北杜市小淵沢のスペース&ギャラリー徳乃蔵にてエネルギーアート展を開催。
2012 年よりスペインの画家、フランシスコ・デ・ゴヤの油彩画の世界的な鑑定プロジェ クトチームの主軸
として活動中。
現在、オリジナル化粧品ブランド『KiKiK Cosmetics Tokyo』の世界進出に向けて進行中。

 

   
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP | 徳乃蔵について | イベント | スペース・ギャラリー | 併設カフェ | アクセス | ご利用について | お問い合わせ


徳乃蔵イメージ
徳乃蔵